精工舎 最初期型CORONA クローム胴 昭和10年代前半【030】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

とても希少な精工舎の最初期型CORONA(内鈴目覚)、戦前の昭和10年代前半に製造された物です。

精工舎の「CORONA(コロナ)」シリーズの目覚時計は、戦後間もなくから昭和40年代前半までの長期間に渡るベスト&ロングセラー商品でしたが、その最初の製品として戦前のごくわずかな期間だけ製造されていたのがこちらです。
文字盤は紙製なのですが、おそらくこの最初期コロナが『(目覚時計/置時計としては)紙製の文字盤を採用した最後の製品』になります。

※文字盤は同年代の新数回打(後期型)の物に変えられています。


アラームのベルは本体内に取り付けられた板状の鈴を鳴らす「内鈴型(内鈴目覚)」と呼ばれる形式で、音自体はあまり大きくありません。

この次のモデルのNEW CORONAシリーズからは厚い鉄製の裏蓋を直接叩いて鳴らす形状になり、それが昭和40年代まで続きますので、その点でも珍しい一品です。

各部に経年による傷やメッキの痛み等はありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、比較的良い状態だと思います。

分解整備済みで現在±0-3分以内/日の精度で作動しています。

サイズ/高さ:約11.5cm 幅:約10.8cm
    奥行:約6cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

価格:6,000

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません