愛知時計 チンチャン打置時計 No.3104 箱・説明書付 昭和30年代頃

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • ムーブメント(機械)

    ムーブメント(機械)

  • 収納状態

    収納状態

  • 外箱

    外箱

  • SOLD
愛知時計のチンチャン打置時計 No.3104、昭和30年代頃に製造された物です。

愛知時計は明治25年創業の水野時計製造所を祖とする歴史ある時計製造メーカーです。

現在の社名は愛知時計電機株式会社で、水道メーターの製造等が中心で時計の製造はしていませんが、昔の社名のまま120余年経った今でも現存されています。


こちらの時計は日の出型という形状で存在感のある大きなサイズの置時計です。

本体は木製で木目と厚く塗られたクリア塗装の質感が非常に高級感を感じさせます。

2本の棒鈴を時間差で「キーンコーン」と鳴らす『チンチャン打』と呼ばれるチャイム音で時報を告げます。

外箱や説明書、拭き掃除用の布まで残っている未使用のデッドストック品です(※外箱はやや痛んでいます)。

外装は保管時(または製造時)に付いたようなごく僅かな傷がある程度で、表面のクリア塗装のひび割れや目立つような大きな傷や欠け・割れ等は全く無く、全体的には極上品と言って良い状態です。
おそらく今後、これ程の状態の物を入手する事はほぼ不可能だと思います。

分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。
巻き鍵も「Aichi」の文字が入った純正品が未使用のとても綺麗な状態で残っています。

サイズ/高さ:約22.5cm 幅:約65cm
    奥行:約14cm (いずれも最大部)
  箱/高さ:約28cm 幅:約71cm
     奥行:約17.8cm

価格:0

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません