精工舎 彩色硝子枠置時計 昭和5年【020】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 裏蓋の文字

    裏蓋の文字

精工舎の彩色硝子枠の置時計、昭和5年頃に製造された物です。

明治25年創業の精工舎(現・SEIKO/セイコーホールディングス)は国内で現存する最古の時計製造会社です。
同社は長い歴史の中で様々なタイプの柱時計や置時計・腕時計等を製造しています。


こちらの置時計は大正時代末に作られた「ビー(Bee)」と呼ばれる小型のムーブメント(機械)を搭載した硝子枠シリーズの一種です。

本体はやや緑がかったガラス製で、全体に果実と葉の模様の彫刻が入っています。

彫刻以外の地紋の部分には表面に赤い塗料が吹き付けてあり、全体がツートーンカラーのようになっています。


裏蓋には『昭和五年 国勢調査記念 大原村』という文字が入っています(※戦前なので横書きの読み方が「右から左」です)。

『大原村』は全国に10箇所以上あったのでそのうちの何処かは分かりませんが、おそらく『国勢調査の取りまとめを行った役場や地域の有力者等に、国や自治体から御礼として贈られた物』のようです。


各部に経年による傷や、風防(文字盤のカバーガラス)の枠のメッキの痛み等はありますが、目立つような大きな傷や割れ・硝子の欠け等は無く、全体の状態としては比較的良いレベルだと思います。


分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約8.5cm 幅:約10.6cm
    奥行:約5.3cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

価格:0

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません