WESTCLOX(アメリカ) Clock of Tomorrow 1955〜59年【065】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

レアなアメリカ・WESTCLOX(アメリカ)のClock of Tomorrow、1955〜59年に製造された物です。
WESTCLOXは1887年にアメリカ・イリノイ州ペルーで破産したUnited Clock Companyを再編する形で「Western Clock Company」として創業されました。
その後1930年にはSeth Thomas Clock Companyと合併され、社名は「General Time Corporation」となりましたが、WESTCLOXの名前は1980年頃まで使われていたようです。
(2001年以降はWestcloxとBig Benの商標だけがSalton, Inc.に買収されています)

こちらの目覚時計は『Clock of Tomorrow』というモデル名で、1955年から1959年までの僅か4年間しか製造されなかった短命なモデルでした。
本体枠いっぱいの大きめの文字盤は風貌(文字盤のカバーガラス)に合わせて凸型に膨らんだ形状になっており、枠と同じゴールドメッキのインデックス(数字)や分の表示代わりの放射状のライン等、とても個性的で高級感も感じさせる作りになっています。
本体を支える台座部分も曲面を生かしたデザインです。
背面の下部には「WESTCLOX, LA SELLE, ILL. MADE IN U.S.A」の文字が入っています。

各部に経年による傷やサビ、本体のペイントロス等の痛みはありますが、目立つような大きな凹みや割れ等は無く、全体の程度としては比較的良い状態を保っていると思います。
ただし内部の部品の不具合によりアラームベルのストッパーボタンが上がらず、目覚まし機能が使えないので、置き時計としてご使用ください。

分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約13cm 幅:約11.8cm
    奥行:約6.5cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

価格:7,000

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません