NEW HAVEN SMALL DROP OCTAGON R.C. GILT 1870年代【W150】

  • 全体

    全体

  • 文字盤

    文字盤

  • 振り子室

    振り子室

  • 振り子室内のラベル

    振り子室内のラベル

アメリカ・NEW HAVEN(ニューヘブン)の柱時計『SMALL DROP OCTAGON R.C. GILT』、1870年代に製造された物です。

NEW HAVEN社は1853年にアメリカ・コネチカット州で創業された、SETH THOMAS社に次ぐアメリカで2番目に古い歴史をもつ時計製造会社です。

こちらの柱時計は1850年代の創業時から続くドロップ・オクタゴン系の製品で、最初期の振子室の上下長が短い形状の物です。
振り子室内のラベルには「Patented June 13th 1871」の文字がありますので1870年代(おそらく前半頃)に製造された物と判ります。

文字盤はやや小さめの直径8インチ(約20cm)です。
元々のペイント文字盤の上に補修用の紙製の文字盤が貼られています。
文字盤の周囲に金の縁が付いた(GILT)タイプです。

振り子室の扉が若干閉まり難い感じです。
時打は正時(0分)に時刻の数、やや高めの「ゴーンゴーン」というよく響く音の鐘が、この時代特有の少し早めのテンポで鳴ります。

各部に経年による傷や汚れ・表面の荒れや補修跡等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては140年以上もの経年を鑑みると比較的良い状態だと思います。

分解整備済み、振子・巻き鍵も付属します。
精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0から2-3分以内/日で稼働しますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/高さ:約44.5cm 幅:約30.5cm
    奥行:約10.3cm (いずれも最大部)

価格:22,000

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません