メーカー不明 鉄瓶型置時計 昭和40年代頃【034】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

鉄瓶型の小型置時計、昭和40年代頃に製造された物です。
こちらの時計は精工舎が昭和初期頃に製作していた南部鉄瓶型の小型置時計を模して後年に製作された物です。
金属製の本体全体に金色のメッキが施されています。
風防(文字盤のガラスカバー)は縁を斜めに落としたカットガラスになっています。

各部に経年による傷やメッキの剥がれ等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。


分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約12.5cm 幅:約9.7cm
    奥行:約4.7cm (いずれも最大部)

6,500円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません