CITIZEN デジタル電気時計『ハイリーフ・カーチス』外箱付 昭和40年代後半頃【E065】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 参考画像

    参考画像

  • 収納状態

    収納状態

  • 箱のラベル

    箱のラベル

CITIZEN(シチズン)のデジタル電気時計『ハイリーフ・カーチス』外箱付、 昭和40年代後半頃に製造された物です。

CITIZENは大正7年(1918年)に設立された尚工舎を祖とし、今も現存する老舗の時計メーカーです。

現在同社としては腕時計の製造が中心で、昭和40年代以降のクロック(置時計・掛時計)製品は傘下のリズム時計工業(株)が製造しており、こちらの時計も底面に同社の名前があります。


昭和40年代後半から50年代前半(=1970年代)頃にはどの家庭にも一台は見られた懐かしいフリップ式のデジタル時計、通称「パタパタ時計」です。
底面のスイッチで50Hz/60Hzの切り替えが出来ますので、日本国内のどちらでもご使用頂けます。
もちろん文字盤も正常に稼動し、アラームも生きている完品です。
※稼動テストは西日本(60Hz地域)のみ

目覚し時計のアラームはブザー音で、天面左側のスイッチでON/OFFを切り替えます。
外箱や梱包用の発泡スチロールも残っていて全く使用感が無いので、おそらく新品デッドストック品かそれに近い物だと思います。

本体には製造時(または保管時)に付いたらしいごく僅かな擦り跡等はありますが、目立つような傷や割れ、日焼けによる変色等は全くなく、全体の程度としては極めて美品と言えると思います。

清掃と軽整備のみですが現在±1分以上/日の進み・遅れは見られません。

※ただし、同社のフリップ式の弱点として、時刻合わせの途中や作動中に振動が加えられた時に数字パネルが上部の押さえのツメから外れて斜めになる事があります(画像4枚目参照)。
そのまま稼働させておけば秒→分(1の位)→分(10の位)→時と歯車が順に噛み合ってまた通常の平面の状態に戻りますので、その点を予めご了承下さい。

サイズ/高さ:約6.6cm 幅:約15cm
    奥行:約10cm
(いずれも最大部/電源コード含まず)
  箱/高さ:約9cm 幅:約19.8cm
    奥行:約13.7cm

5,500円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません