CITIZEN 脚付目覚時計 No.51111 昭和40年代【038】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

CITIZEN(シチズン)の脚付目覚時計 No.51111、昭和40年代に製造された物です。

CITIZEN(シチズン)は大正7年(1918年)に設立された尚工舎を祖とし、今も現存する老舗の時計メーカーです。

現在同社としては腕時計の製造が中心で、昭和40年代以降のクロック(置時計・掛時計)製品は傘下のリズム時計工業(株)が製造しており、こちらの時計もムーブメント(機械)はリズム時計工業製と推測されます。


1960年代後半から1970年代前半にかけて、映画『2001年宇宙の旅』やアポロ11号の月面着陸などを受けて「スペースエイジ」と呼ばれる宇宙や未来をイメージさせるアイテムがブームになった時期がありました。

こちらの時計はまさにそのスペースエイジ真っ只中に作られたと思われる「(当時の)未来的デザイン」の一品です。

円柱型の本体を長い脚で支え、時計が高い位置に浮いているようなイメージになっています。


各部に経年による細かな傷や台座部分のメッキの痛み等はありますが、目立つような大きな傷や割れ・欠け等は無く、全体的な程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。


分解整備済みで現在±0-2分/日以内の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約18.2cm 幅:約11cm
    奥行:約9cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

4,500円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません