精工舎 最初期プラ枠 昭和20年代終盤〜30年代初頭【091】

  • 前面

    前面

  • 背面

    背面

非常にレアな精工舎の初期プラスチック枠の目覚時計、昭和20年代終盤〜30年代初頭に製造された物です。
後の金属枠のコロナシリーズ(昭和30年代後半〜40年代前半)に繋がるスクエアタイプのデザインですが、こちらはプラスチック枠としては最初期の物になります。
本来は外装は全て真っ白だと思うのですが、外枠部分の経年による変色の為に白とクリーム色のツートーンのようになっています。

文字盤には昭和20年代の同社の目覚時計・置時計と同じペイント製で、「SEIKOSHA(精工舎)」の文字が入っています。
これが昭和30年代に入ると「SEIKO」になるので、その点でも古さを感じます。
針と文字盤の数字部分の夜光塗料は若干痛んでいますが、暗所でも何とか視認可能です。

分解整備済みで現在±0-2分以内の精度で作動しています。

サイズ/高さ:約12.3cm 幅:約12cm
    奥行:約6cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません