精工舎 角型文字盤柱時計 昭和20年代後半頃【W274】

  • 全体

    全体

  • 文字盤

    文字盤

  • 振り子室

    振り子室

  • 取扱説明書

    取扱説明書

精工舎の角型文字盤の宮型柱時計、昭和20年代後半頃に製造された物です。
明治25年(1892年)創業の精工舎(現・SEIKO/セイコーホールディングス)は国内で現存する最古の時計製造会社です。

同社は長い歴史の中で様々なタイプの柱時計や置時計・腕時計等を製造しています。


こちらの柱時計は本体の上部に屋根の庇のような装飾が付いた『宮型』と呼ばれるタイプの柱時計です。

上端の「宮」の部分には曲線を使った柔らかなデザインの物が多いのですが、こちらは金属製の飾り部品も含めて直線を活かしてあり、角型の文字盤とも相まってシャープで洗練された雰囲気の一品です。

大きめの文字盤はデザインもシンプルで、中抜きされた真っ直ぐな長短針とも相性が良く時刻の視認性もとても良いです。


時打は毎正時(0分)に時刻の数と毎30分に1回、やや高めのポーンポーンという2本の棒鈴の和音で鳴ります。

本体各部に経年による細かな傷や、底面の板が補修されている等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・欠け等は無く、全体の程度としては平均よりも良い状態だと思います。

分解整備済み、振子・巻き鍵も付属します。
やや珍しい紙製の取扱説明書も残っています。
精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0〜2分以内/日で稼働しますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/高さ:約48.5cm 幅:約24.3cm
    奥行:約13.3cm (いずれも最大部)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません