精工舎 ウラビー白干支 昭和初頭頃【110】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

精工舎の小型の目覚時計『ウラビー白干支』、昭和初頭頃に製造された物です。

明治25年創業の精工舎(現セイコー)は国内で現存する最古の時計製造会社です。
同社は長い歴史の中で様々なタイプの柱時計や置時計・腕時計等を製造しています。


こちらの時計は大正時代末に作られた「ウラビー(裏鈴ビー目覚)」と呼ばれる小型のムーブメント(機械)を搭載したシリーズの一種で、黒い長短針と白い文字盤を使用した『白干支』と呼ばれる基本的なモデルです。


「ウラビー」の特徴としては文字盤上にはアラーム時刻を示す目安針がありません。

アラーム時刻は背面の小さな窓から覗く円盤を回して時刻をセットします。


各部に経年による傷やサビ、裏蓋のメッキ剥がれ等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、本体のメッキも比較的綺麗に残っていますので、全体の程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。


分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約8.3cm 幅:約7.2cm
    奥行:約4.4cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

7,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません