高野時計製造所 角形目覚(枕時計) 大正時代【K022】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 背面(2)

    背面(2)

希少な高野時計製造所の角形目覚時計、大正時代に製造された物です。
高野時計製造所は明治32年(1899年)に創立され、戦後の昭和30年代前半まで様々なタイプの時計が製造していたメーカーです。 
昭和34年(1959年)の伊勢湾台風で本社の高野精密工業が大きな被害を受け、その後復活できないまま「タカノ」の名前は消えてしまいましたが、その技術は現在のリコーへと受け継がれています。

こちらの時計は『枕時計(英語では『キャリッジクロック』)』とも呼ばれる角形の目覚時計です。
精工舎の角形目覚と比べると『取っ手の持つ部分と支柱が六角形(六角柱)』『裏蓋の模様が菱形で若干凸型になっている』等の外観の特徴があります。
ごく正確に言えば、大正2年(1913年)に金属製の置時計を製作する為に分離設立(※)された「合資会社高野金属品製作所」が製造した物になります。
 ※その後大正13年(1924年)に合併

各部に経年による傷やメッキの痛み・文字盤の変色や染み等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。

分解整備済みで現在±0-3分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約16.5cm(取っ手上端まで約18cm)
    幅:約13.5cm 奥行:約9.8cm(いずれも最大部)

15,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません