精工舎 角形目覚(枕時計) 大正時代末~昭和初頭頃【K020】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 背面(扉を開けた状態)

    背面(扉を開けた状態)

精工舎の角形目覚時計、大正時代末期から昭和初頭頃に製造された物です。
「枕時計」とも呼ばれる角形目覚は明治30年代から大正時代を経て昭和初期までほぼ同じ形で作られていたロングセラー商品です。
こちらの時計は文字盤の数字がローマ数字からアラビア数字に変わっていますので、関東大震災後の大正時代末期から昭和初頭頃に製造された物と判ります。
当時のカタログには『並硝子入角形目覺』という商品名で掲載されています。

各部に経年による傷や文字盤の染み等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等はありません。
画像のように前面の文字盤周りの装飾や背面の扉も元の金色が残り、天面や台座のメッキも良く残っているので、年代を考慮すれば程度としてはかなり良いj状態だと思います)。

分解整備済みで現在±0-3分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約16cm 幅:約13.3cm
    奥行:約9.8cm
(いずれも最大部/取っ手含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません