精工舎 角形目覚(枕時計) 大正時代末頃【K019】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • ムーブメント(機械)

    ムーブメント(機械)

精工舎の角形目覚時計、大正時代末頃に製造された物です。
「枕時計」とも呼ばれる角形目覚は明治30年代から大正時代を経て昭和初期までほぼ同じ形で作られていたロングセラー商品です。
こちらは文字盤中央に精工舎のトレードマーク(鍵Sマーク)が入っていますので、大正10年から大正時代末頃に製造された物と判ります。
当時のカタログには『並硝子入角形目覺』という商品名で掲載されています。

各部に経年による傷やメッキの痛み・文字盤の染み等の痛みがあります(※目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、年代を考慮すれば程度としては平均的な状態だと思います)。
その他、背面の扉を閉める時に引っかかるツマミ裏の爪が折れており(扉のロックはできませんが、開閉には問題ありません)、巻き鍵にも錆が浮いていますので、完品よりも値下げ致しました。

分解整備済みで現在±0-3分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約16cm 幅:約13.3cm
    奥行:約9.8cm
(いずれも最大部/取っ手含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません