精工舎 角形面取厚硝子入目覚(大正時代後半〜昭和初頭)【K007】

  • 前面

    前面

  • 背面

    背面

精工舎の角形面取厚硝子入目覚、大正時代後半から昭和初頭に製造された物です。
「枕時計」とも呼ばれる角形目覚は明治30年代から大正時代を経て昭和初期までほぼ同じ形で作られていたロングセラー商品です。
その中でもこちらは「面取厚硝子入」という前面が一面カットガラスになっている、角形目覚の後期に作られた物です。
ガラス表面に目立つような割れや傷は無く(角部分に僅かに欠けがありますが、枠にほとんど隠れてしまいます)、とても綺麗でいい状態だと思います。
欠落しやすい背面の扉のツマミもちゃんと製造時のまま、巻き鍵も純正品が残っています。

分解整備済みで現在±0-3分以内の精度で作動しています。

サイズ/高さ:約15.5cm 幅:約13cm
    奥行:約9.8cm
(いずれも最大部/取っ手含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません