浦時計製造所 蟲付丸型グレシャム 昭和初頭頃【W253】

  • 全体

    全体

  • 斜めから

    斜めから

  • 巻き鍵保管部分

    巻き鍵保管部分

  • 背面のラベル

    背面のラベル

  • ムーブメントとボン針台

    ムーブメントとボン針台

非常に希少な浦時計製造所の蟲付10吋丸型グレシャム、昭和初頭頃に製造された物です。
浦時計製造所は明治41年に名古屋で設立され、戦前頃まで日本時計工業組合にも名を連ねていましたが、いつ頃廃業したのかは不明です。

紙製の文字盤は後年に貼り替えられた物でメーカー名やトレードマークはありませんが、ムーブメント(機械)に菱形の中にUとZを組み合わせた同社のトレードマークの刻とボン針台に「URA CLOCK CO」の文字があるため(画像5枚目参照)、同社が製作した時計と判断できます。

全体的な造りと「文字盤の数字がローマ数字ではなくアラビア数字」「明治~大正時代初頭にはほぼ見られなかった蟲付(後述)」である事から、製造年代は昭和初頭頃と推定しました。
背面には「ケンビシ時計會社」というラベルが残っていますが、これは当時の販売会社の社名ラベルだと思われます。

こちらは丸型グレシャムと呼ばれるタイプの柱時計(掛時計)です。
※「グレシャム」とは丸い時計の枠の後ろに機械の入った四角い箱を背負ったタイプの時計の事で、箱が無く丸い枠が背面まで通った(=平たい円柱状の)タイプの物は「トーマス」と呼ばれます。
直径10吋(約25cm)の文字盤の中央少し上には「蟲(むし)」と呼ばれる秒針が付いています。
これは懐中時計等のスモールセコンドを模した物ですが、当初は30秒で一周(1分間に2周)するものが多く、こちらの時計も同様です。
所謂「秒針」ではなく振り子がきちんと動いているかどうかの「稼働確認用の装飾」だったようで、昭和10年頃からようやく外国製の時計と同じく「秒針(60秒で一周)」になったようです。

各部に経年による細かな傷や、前述の紙製文字盤も変色がありますが、本体には目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては比較的良い状態だと思います。

分解整備済み、振子・巻き鍵も付属します。
精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0から2-3分以内/日で稼働しますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/直径(高さ/幅):約35.5cm
    奥行:約11cm (いずれも最大部)

13,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません