精工舎 角型グレシャム 昭和初頭〜20年頃【W019】

  • 前面

    前面

  • 文字盤

    文字盤

  • 角の装飾アップ

    角の装飾アップ

精工舎の角型柱時計(角グレシャム)、昭和初頭〜20年頃に製造された物です。
明治25年創業の精工舎(現セイコー)は国内で現存する最古の時計製造会社です。
長い歴史の中で様々なタイプの時計を製造されましたが、こちらはその中でも珍しい角型グレシャムと呼ばれるタイプの柱時計(掛時計)です。
「グレシャム」とは時計の枠の後ろに機械の入った四角い箱を背負ったタイプの時計の総称ですが、通常は枠の丸い「丸グレシャム」の事を指し、正方形の枠の「角グレシャム」は数がとても少なかったようです。
こちらの時計は各部にも経年による細かな傷はありますが、文字盤ガラスの周囲や角の装飾が割れ・欠けも無く全て残っており、全体的に非常に良い状態を保っていると思います。
紙製の文字盤には戦時中に貼られた24時間制の文字(13〜24時)が残っています。
時打は正時(0分)に時刻の数だけ「ゴーンゴーン」という深くて余韻を持った音色で鳴ります。

分解整備済み、振子・巻き鍵も付属します。
精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0から2-3分以内/日で作動しますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/高さ:約41cm 幅:約41cm
    奥行:約12cm (いずれも最大部)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません