KAISER(ドイツ) カバー付スクエアタイプ 箱・保証書付 1965年【005】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 収納状態

    収納状態

ドイツ・KAISERのカバー付きの小さなスクエアタイプの目覚時計、箱・保証書付で1965年に製造された物です。
KAISER社(KAISER UHREN FABRIK)は1922年にドイツ時計産業の中心地であるSchwarzwald(シュヴァルツヴァルト=黒い森)地方のVillingenで創業された時計製造メーカーです。
装飾性の高い柱時計や置時計を製造していましたが、約半世紀後の1973年に解散しています。

こちらの目覚時計はスクエアタイプの本体にレザーのカバーが着いた非常に珍しい形状の一品です。
シンプルなシルバーの文字盤はゴールドのインデックス(時計文字盤の数字・目盛り)が入ったアップライトタイプで、上品な雰囲気を出しています。
サイズが小さめなのでデスクの片隅やちょっとした隙間のスペースなど置き場所を選ばずに使用でき、またカバーが着いているので(画像4枚目)トラベルクロックのように気軽に持ち運ぶ事もできます。

文字盤の下端と付属の外箱には共に「Western Germany」の文字が入っています。
「West Germany」は戦後から再統一までの間の所謂『西ドイツ(Deutsche Demokratische Republik)』の事ですが、「Western Germany」の場合は『ドイツ全体の西部』を表すそうです。

購入当時(日付は「昭和40年(=1965年)5月1日」)の大阪なんば髙島屋の保証票(保証書)が残っています。
またカバーにはとある会社の創業80周年記念に贈られた旨の文字が入っています。

各部に保管時に着いたらしい僅かな傷やメッキの痛み等はありますが、目立つような大きな凹みや割れ・欠け等は全く無く、全体の程度としては極上と言っても良い状態だと思います。
長短針・文字盤の蛍光塗料も生きているので、暗所での時刻の視認性も良いです。

分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約7.5cm 幅:約7.3cm 奥行:約9.5cm
収納時/高さ:約8cm 幅:約7.3cm 奥行:約4cm
   箱/高さ:約8.3cm 幅:約9cm 奥行:約5.3cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

7,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません