KAISER(ドイツ) ミニサイズ装飾枠タイプ 箱付 1960年代【023】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • 付属品(箱)

    付属品(箱)

ドイツ・KAISERの小さな装飾枠タイプの目覚時計、 箱付で1960年代頃に製造された物です。
KAISER社(KAISER UHREN FABRIK)は1922年にドイツ時計産業の中心地であるSchwarzwald(シュヴァルツヴァルト=黒い森)地方のVillingenで創業された時計製造メーカーです。
装飾性の高い柱時計や置時計を製造していましたが、半世紀後の1973年に解散しています。

こちらの目覚時計には本体の周囲に美しい装飾の入った枠が巻いてあります。
ゴールドの文字盤には地紋が入り、数字のバックだけに入った黒い枠がデザインのアクセントになるとともに視認性を良くしています。
小さいサイズの割には豪華な雰囲気を持った一品で、デスクの片隅やちょっとした隙間のスペース等、置く場所を選ばずに使用できると思います。

本体の背面には「WEST GERMANY」、付属の外箱には「Western Germany」の文字が入っています。前者は戦後から再統一までの間の所謂『西ドイツ(Deutsche Demokratische Republik)』の事ですが、後者は『ドイツ全体の西部』を表すそうです。

各部に経年による細かな傷やメッキの痛み等はありますが、目立つような大きな凹みや割れ・欠け等は無く、全体としては比較的良い状態だと思います。
長短針・文字盤の蛍光塗料も生きているので、暗所での時刻の視認性も良いです。

分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約9.7cm 幅:約6.4cm
    奥行:約3.7cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません