KIENZLE(ドイツ) プラスチック枠目覚時計 DUO 1960年代頃【028】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

ドイツ・KIENZLEのプラスチック枠目覚時計『DUO』、1960年代頃に製造された物です。

KIENZLE(キンツレ)社は1822年に創業されたドイツでは最も歴史ある時計製造メーカーです。
柱時計やそのムーブメント(機械)を活かした置時計の製造から始まり、20世紀に入ってからは小型のムーブメントを開発して懐中時計や腕時計も製造していました。

こちらの目覚時計は『DUO』というシリーズの一種で、アラームベルの音が最初は「リン・リン・リン…」と断続的になり、その後「ジリリリリリ…」と連続音に変わるのが特徴です。


文字盤下部に「MADE IN GERMANY」の文字が入っていますが、本体・風防(文字盤のカバー)共にプラスチック製である事から製造年代を1960年代頃と推定致しました(※)。

※ドイツで作られた製品は、基本的には戦後から再統一までの間は東ドイツ製品には「GDR(German Democratic Republic)」、西ドイツ製品には「DDR(Deutsche Demokratische Republik)」の表記が入りますが、1950年代まではまだ「GERMANY」表記の物もありました。


各部に経年による細かな傷等は見られますが、目立つような大きな傷や割れ・欠け等は無く、程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。
長短針・文字盤の夜光塗料も劣化はあるものの蓄光・発光は生きていますので、暗所での時刻の視認性も比較的良いです。


分解整備済みで現在±0-2分/日以内の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約10cm 幅:約9.5cm 奥行:約6cm
    (いずれも最大部・ツマミ等含まず)

6,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません