ORAZAL(スイス) トランジスタ置時計 1960年代頃【E061】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

  • ムーブメント(機械)

    ムーブメント(機械)

スイス・ORAZALのトランジスタ置時計、1960年代頃に製造された物です。

『ORAZAL』は日本ではあまり馴染みの無いメーカーですが、アメリカの名門時計メーカーWALTHAM(ウォルサム)が1954年にスイスに作った子会社『Waltham International SA』が、1957年にアメリカの本社が解散した後に『WALTHAM ORAZAL』の名前で時計を生産していた記録がありますので、おそらくその会社そのものないしは関連会社かと思われます。


こちらの時計は真鍮製でやや横長の長方形タイプの置時計です。

文字盤中央下にELECTRICの文字がある通り、電気式のムーブメント(機械)で稼働しています。


各部に経年による傷やサビ等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。


清掃と軽整備のみですが現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

稼働には単3電池が1本必要です。

サイズ/高さ:約8.6cm 幅:約15cm
    奥行:約6cm (いずれも最大部)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません