ANSONIA(アメリカ) 砲弾型置時計 8日巻 1900年代初頭【086】

  • 前面

    前面

  • 風防アップ

    風防アップ

  • 背面

    背面

アメリカ・ANSONIAの砲弾型の8日巻置時計、1900年代初頭に製造された物です。
ANSONIA(アンソニア)社は1854年創業のアメリカでも歴史ある時計製造メーカーのひとつです。
柱時計が有名ですが、20世紀に入ってからは小型の置時計も製造していました。
この時計は置時計としては長く強いゼンマイを使用した8日巻と呼ばれる物で、一度ゼンマイを巻けばほぼ一週間作動します。
真鍮製の砲弾型の本体は経年による痛みはありますが、それが歴史を感じさせ、シャビーな良い雰囲気になっていると思います。
風防(文字盤のカバー)は緩い凸面のガラス製で、角を面取りしたカットガラスになっています。

分解整備済みで、精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0-2分以内/日で作動していますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/高さ:約14cm 幅:約12.7cm 奥行:約6.7cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません