WESTCLOX(アメリカ)Big Ben Style 7 Repeater 1956〜57年【088】

  • 前面

    前面

  • 背面

    背面

  • 文字盤アップ

    文字盤アップ

アメリカ・WESTCLOXのBig BenシリーズのStyle 7 Repeater、1956〜57年に製造された物です。
Big Ben/Baby BenシリーズのデザイナーがEllworth Danzに変わった後の最初の製品です。
同シリーズで初めてプラスチック製の風防(文字盤のカバー)や、長短針と同じ文字盤中央にセットされたアラームの目安針、時計の動力とアラームのゼンマイを1本のツマミで巻く新しいムーブメント(機械)等が採用された革新的なモデルがこのStyle 7です。

文字盤の時間の数字が放射状になっているのはStyle 7の中でも最初期型のみ(1958年以降は文字が全て垂直になります)。
さらに、Style 7では滅多に見られないリピーター機能(※)まで搭載しているという、非常にレアな一品です。
※指定時間にベルが10数秒鳴ってから一度止まり、しばらく後にまた10数秒鳴る…という繰り返しをする機能
ベル音はLOUD/SOFTの2段階に切り替え可能です。

各部に傷や塗装の剥がれ等はありますが、かえって長い時の流れを感じさせるシャビーでいい雰囲気になっていると思います。
針の夜光塗料は多少痛みはあるものの生きていますので(数字の劣化はしています)、暗所での視認性もまずまずです。

分解整備済みで現在±0-2分以内の精度で作動しています。

サイズ/高さ:約12.5cm 幅:約12cm
    奥行:約6cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

0円

SOLD OUT

カートの中身

カートに商品は入っていません