精工舎 大理石枠8日巻置時計 昭和30年代前半

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

精工舎の大理石枠の8日巻置時計、昭和30年代前半頃に製造された物です。

通常販売価格 5,000円→

明治25年創業の精工舎(現セイコー)は国内で現存する最古の時計製造会社です。
同社では長い歴史の中で様々なタイプの柱時計や置時計・腕時計等を製造されています。


こちらのやや大きめサイズの置時計は、数種類の大理石を組み合わせて本体枠を形成してあります。

直線のみで構成されたシンプルなデザインですが、石材の色を変える事でデザイン上にアクセントをつけ、重厚な雰囲気と高級感を併せ持つ一品となっています。


ムーブメント(機械)は一度ゼンマイをいっぱいまで巻けば約8日間稼働する『8日巻』で、当時はまだ珍しかったセンターセコンド(中央を軸とした秒針)が採用されています。


背面に『ブルドーザー工事株式会社』の『勤続10年』の記念に贈られた旨の文字があります。

大阪にあった同社が昭和22年(1947年)に設立され同44年(1969年)に社名変更された事と、文字盤のメーカー名表記が『SEIKOSHA』である事から(※)、こちらの時計の製造年代は昭和32年から30年代半ば頃と推測されます。

※昭和30年台後半頃からは『SEIKO』の表記になります。


各部に経年による傷や文字盤の染み、大理石枠の僅かな欠け、時計枠の固定ボルトが一本(左上)欠落している等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・欠け等は無く、全体の程度としては経年なりの平均的な状態だと思います。

分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約16.5cm 幅:約23.3cm
    奥行:約6.7cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

3,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません