SEIKO 円柱型ツートーン目覚時計 曜日表示付 昭和40年代前半頃【038】

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 背面

    背面

SEIKOの小さな円柱型ツートーン目覚時計、昭和40年代前半頃に製造された物です。

SEIKO(セイコーホールディングス)は明治25年(1892年)の創業で、当時の社名は『精工舎』、国内で現存する最古の時計製造会社です。

同社は長い歴史の中で様々なタイプの柱時計や置時計・腕時計等を製造しています。


こちらの目覚時計は横から見ると前面の文字盤カバーを含めて円柱型になっているという珍しい形状の一品です。

昭和40年代前半の『スペースエイジ』の頃に流行った当時の近未来的、現代ではレトロポップな雰囲気を感じるデザインです。

※底面に昭和44年(1969年)の日付が記入された時計店のラベルが貼ってありますが、販売日なのか修理等をした日なのかは不明です。

時計の稼働とアラームベルのゼンマイを一つのツマミで同時に巻く事が出来ます。


各部に経年による細かな傷や文字盤のパーツの変色(日焼け?)等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や割れ・凹み等は無く、全体の程度としては平均的な状態だと思います。

長短針と文字盤の夜光塗料も生きていますので、暗所での時刻の視認性も良いです。


分解整備済みで現在±0-2分以内/日の精度で稼働しています。

サイズ/高さ:約9.2cm 幅:約8.5cm
    奥行:約8.5cm
(いずれも最大部/ツマミ等含まず)

6,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません