尾張時計 六吋二重丸登龍置時計 昭和初頭頃

  • 前面

    前面

  • 正面

    正面

  • 文字盤

    文字盤

  • 振り子室の窓

    振り子室の窓

  • 振り子とラベル

    振り子とラベル

尾張時計の六吋二重丸登龍置時計、昭和初頭頃に製造された物です。
尾張時計株式会社は明治時代の後半から時計製造業が盛んであった名古屋市で明治27年に創業(当時は尾張時計製造合資会社/明治39年に改組)された歴史ある時計製造会社です。
文字盤には同社の創業時から使用されている「地球馬印」のマークが入っています。

本体には「杢引き」という木目状の塗装が施されています。
真鍮製の文字盤・振り子室の硝子窓の枠や周囲の装飾は経年により変色して黒ずんでしまう事が多いのですが、こちらの時計は当時の金色の輝きを残しています。
振り子室の窓に描かれた花の絵も、周囲の白地部分には僅かに剥がれが見られるものの花の部分は比較的綺麗な状態です。

時打は正時(0分)の時刻の数、やや高めで置時計らしく「ボーンボーン」というよく通る余韻を持った良い音で鳴ります。

各部に経年による傷や文字盤の剥がれ等の痛みはありますが、目立つような大きな傷や欠け・割れ等は無く、全体の程度としては比較的良い状態を保っていると思います。

分解整備済み、振子・巻き鍵も付属します。
精度は季節(気温)やゼンマイの巻き始めと解ける寸前でも変わりますが、きちんと調整すれば平均して±0から2-3分以内/日で稼働しますので、充分日常的に使用する事が出来ます。

サイズ/高さ:約44.5cm 幅:約27.6cm
    奥行:約11.5cm (いずれも最大部)

17,000円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません